FC2ブログ
不健康OL、ネイリストへの道
飲んだくれてても日々精進、時々ランナーの徒然なるあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

シカゴマラソン2013

何から伝えれば良いのか、、
とりあえずマラソンネタから。


一言で言えば
キツかった、でも楽しかった!


って言えるのは今だからで、走ってる最中はメチャクチャ辛かったし
自分との戦い、自問自答を繰り返す数時間。


やっぱり前腿の疲労は抜けきれてなくて、というか
にわか練習で通用する限界の距離だったのかも知れないけど
きっちり20kmで来たよねー。


もーそっからが辛くて長くて。


大規模なレースは何度か経験しているので
大体の流れは同じなんだろうなぁと思いつつ
今回はボストンのテロ以降に開催される大きなレース、
しかも事前のインフォメーションではかなり厳重な
セキュリティチェックがある風だったので
なるべく時間に余裕を持って会場入りすることに。


荷物を預けるかどうかも迷ったけど、
何かもう、色々面倒になるのが嫌で
必要最小限のモノ(部屋のカードキーとか)をポケットに詰め
手ぶらで行くことにした。
写真もダメみたいなことを何かで見た気がしたので
スマホごと没収されたらかなわん!と泣く泣く写真も諦める。。


ホテルからスタート地点まではアップもかねて
まだ薄暗い中を軽く走ったり歩いたりで15分ほど。
同じく会場に向かうランナーや家族がたくさん。


服装はロングのスパッツに短パン、
上はノースリーブにアームウォーマー、ナイロンのパーカーで
ちょうどいい感じ。


スタート地点までは2段階のチェック体制。
まずセキュリティチェックを受け、多分その後荷物とか預けてから
各スタートのブロックへ。
セキュリティは荷物の無いランナーの優先ゲートがあったため
割とすんなり通過、自分のブロックへはほぼスルーで
どちらもゼッケンをチラリと見る程度で「え?これだけ??」状態。


念のためトイレに行ってから軽くストレッチし、あとは大人しく待つ事に。
同じブロックに3時間50分、55分、それに4時間のペースメーカーが居て
さて、どれに付いていくべきか迷う。。


テンションの高いアナウンスで周りがワーッと沸き上がり
スタートの号砲!!


グループ毎に最初のスタートから何分後、と記載されていたので
きっちり時間を切ってスタートなのかと思いきや
順次続々とスタートし、グループDは号砲から7分弱、
面食らう感じでスタートラインを越える。


シカゴ劇場を横目に走った時は「わーシカゴ!」って盛り上がり
英会話の先生オススメのグリークタウンに差し掛かった時は
「へぇ~」と思いながらちょっとだけ観光気分。


後はもう、何が何だか・・・(笑)


今回、当初から5分刻みで設定されてるペースメーカーに
びっちり付いて行こう作戦だったんだけど、
スタートするまで50分か55分かで迷い、最初は50分に付くも
何か速すぎる気がして55分に吸収される。
暫くは付いて行ったんだけど、人が多くて走りにくい。。

で、集団の少し前の方が走りやすかったので
前に出て、行けるとこまで行ってしまえ作戦。
なるべく一定のペースを保ちながら前へ。
気分良く走るというより、前半は脚がいつまで持つか、4時間とか目指していいのか不安で押し潰されそうな感じ。。

ただ、ふとした瞬間に
「出来ないと思ってたら出来ないよ!」
と、もう1人の自分にガツンと渇を入れられはっとする。

ペースメーカーが視界から消えてからは、
とりあえず次の5km先、そして20km、中間地点を目指す。
ハーフの次は25km、30kmまで粘れたら
55分に追いつかれても最悪4時間の集団に付ける?とか
キロ6分まで落ちても大丈夫な貯金が欲しい、
それまでは絶対ペースを落とせない!とか考えながらひたすら前へ。

ハーフの通過タイムが1時間55分台でちょっとびっくりしたのと
後で20km~30kmのラップが一番早かった事を知って更に驚く。
貯金作ろうと必死だったのかな?(笑)

それと中間地点を過ぎた辺りから、
グロスで4時間切れるんじゃないか?疑惑に欲が出て
無意識に頑張っちゃってた感はある。
ギリギリクリアしたと思ったのに、後で01秒オーバーと判明。
キィィ。。

エイドは結構沢山あって、少し走るとすぐに給水、みたいな感じで
そこでの水分補給で救われた局面も多々。
あと、手渡してくれる距離もそこそこ長いので、
慌てて進路変更しなくていいのが凄く良かった。
ただ、どっかのエイドで激しくむせた遠い記憶・・
後はマップに記載されてなかった固形のゼリーみたいなのと
25km過ぎのパワージェルに助けられました。

コンディションは日が出てからは暑くなり
長らく愛用したパーカーとサヨナラしたり頭から水被ったり。
でも心配していた風も無く、ベストに近い状態?
何よりコースがフラットで走りやす~い!
多分ホノルルだったらあのタイムで走れなかった気がする。。

後は心配していた前腿、地味~に嫌な感じが続いたけど
大ブレーキになる事も無く、
終盤になって「そういや膝、全然痛くないや・・」と気付き
結局最後まで立ち止まって屈伸とかせず走り切れたのも意外。


バンドの演奏で励ましてくれたり私設のエイドがあったりと

流石に30km、35km過ぎてからはキツくなり
音楽で気を紛らわせてみたものの、見事にペースダウン。
でもまぁ、最後の2.195kmは5分30秒まで挽回したから許す(笑)

ゴールの瞬間は泣いちゃったよね。。
フル走るの1年10か月ぶりとかだったし、
にわか練習でもやっぱり4時間のボーダーは大きかったので。

で、保温シート貰ってメダル貰って、色々(食べ物とか氷とか)貰って
最後にビール♪
若干会場で迷いながらも歩いてホテルに戻る。
前腿やられると階段降りるなら平坦な道を延々歩いてた方が楽なので。
橋を越えると流石にシートに包まれたランナーの姿は減り、、
目立つ(笑)

ホテルのフロントのお姉さんに笑顔で「オメデトウ」と迎えられ
部屋に戻ってからは湯船に浸かってアイシングの途中で爆睡し
今日ばかりはホテルのレストランで晩ごはん。
でもガッツリ肉、スペアリブと赤ワインで乾杯!(笑)

完走出来て、4時間切れて本当に良かった☆



沿道の声援は東京のそれと変わらないくらい暖かくてパワフル!
スポンサーサイト
【2013/10/17 05:49】 | Run◆旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)

移動&前日受付

今日は夕方まで授業、その足で新潟入りして事前受付の
ドタバタスケジュール。


事前受付が20時までのため、夕方に新宿の学校を出て
大宮で新幹線に乗り換え、在来線を乗り継いで
白山という駅から徒歩で受付会場を目指すんだけど
時刻通りでもかなりギリギリ、もしどっかで
電車が遅れたり止まったりしたらその場でアウト。


非常に忙しない・・・


一番ヒヤヒヤしていた新宿-大宮間をクリアし
(7月に山形行った時、遅れたんだよね。。)
新潟駅で接続待ちの隙を見計らって実家の母親に電話。


ほぼ同じスケジュールだった4月の長野で
まさかの寝坊をしでかした教訓を生かし
30歳をとうに越えた分際でモーニングコールを依頼w


白山駅に降り立ったのが20時45分。
降りしきる雨の中、早足で受付会場の体育館を目指す。
ってか、全く土地勘ないので、同じく事前受付らしき
おじさんの後をぴったりマークで追跡(笑)


ネットの地図では分からなかったけど、
線路沿いに歩道があって割とすんなり体育館に到着。
ちなみに帰りの電車も、20時08分を逃すと次は44分と
かなりオソロシイ事になっていたため、
バスという手段もあったが
これならバス停探すより引き返した方が懸命かも・・と判断し
ソッコーで事前受付を済ませ再び白山駅へ。


前日も当日も臨時送迎とか一切ナシってどーゆーこと?!
と思ったけど、実際に行ってみて
そこまでの規模じゃないのねと納得。


新潟駅に戻った後は、駅ビルCoCoLoに入ってる
イタリアンブッフェ形式のお店で
(客層の大半が明らかに未成年のグループで怯む)
機械的に炭水化物を詰め込む夕食。
肉が無いのはリサーチ不足だった。。


窓の外は本降りの雨。
明日の天気はどうなることやら・・・

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

【2010/10/09 23:45】 | Run◆旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ホノルルマラソン2008~出発の朝~

朝食は計画通りに食材の食べ切り使い切り。
準備をして最終荷造りをして、、やばい、スーツケースが締まらない・・・
えいっと上に乗っかって無理矢理締める、もう帰るまで開封不可。。


チェックアウトをしてタクシーを呼んでもらい、一路空港へ。
現金足りるかドキドキしたけど無事に到着。
どうでもいいけど空港着くの早すぎた。。


ぱんぱんの荷物を預け、チェックインして免税店をぶらぶらしたけど
それでも時間が余ったのでソファーでボーっとしていたら
昨夜のミス日本グランプリ母娘&eAのコーチとバッタリ遭遇。


行きも帰りもパーソナルテレビ付きの2階席、泣き叫ぶ子供も居なくて
今回はとっても快適な空の旅♪お酒もタダだしねっ!
ちなみにこれは行きの機内食
2008121123170000aaa.jpg



「ホノルルはホントにこれが最後」とか言ってたくせに
「んー来年もツアーじゃなくエア+ホテル作戦だな」とか考えちゃったりも。


旅立つ過程はいろいろありましたが、円高にも助けられ
行ってみたら(この期間の割には)低コストで大満足☆な
ホノルルマラソン1人旅でした!
2008122013210000.jpg


おしまい。

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

【2008/12/16 23:45】 | Run◆旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ホノルルマラソン2008~最終日:ラストスパート?~

朝起きて、恐る恐る立ち上がってみる、
北海道レベルの痛さじゃないけど結構な筋肉痛、、。


ノロノロとスローな感じで身支度をし、
完走者bの記録が載ってる新聞なんかを眺めてるうちに
あっと言う間に時間が過ぎてしまい、慌ててホテルの部屋を出る。


今日はどうしても行きたいお店があるのだ!
って、場所イマイチ分かんないし、ひぇぇ超時間ギリギリだよ~~~と
海岸沿いをガシガシ歩いて向かった先は、、
「ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル」にある「ハウ・ツリー・ラナイ」


『小説「宝島」の著者が作品の構想を練ったと言われる由緒ある場所。
樹齢数百年という大きなハウ・ツリーを囲むように造られた
オーシャンフロントのレストランで、ロマン溢れる美しいビーチを眺めながら
木陰で頂くお食事はハワイならではの素晴らしさ』


だそうで、、ここの名物?「エッグベネディクト」は何年も前から
行ってみたい食べてみたいと思い続けていたの。


朝食タイムの終わる寸前に駆け込んで
「もう終わりだから急いでね」くらいの事を言われ、
でももう食べたいものは決まっているのでさっさとオーダー。
ガイドブックの威力か、周りは日本人だらけ。
2008121510490001.jpg


じゃじゃーん!これが念願のエッグベネディクト!!
2008121510560000.jpg


恐ろしいカロリーだろうなと思いながらペロっと完食(笑)
暫し優雅な時間を過ごし
2008121511180000.jpg

海沿いの道をぶらぶら散歩しながら
「やばい、、1人でもフツーに楽しい・・・」と思ってしまった私。
2008121511340000.jpg


そのままカピオラニ公園に立ち寄り完走証を受け取る。
現地で完走証を受け取るのも何気に今回が初。
昨日の感動がよみがえって来たのか、筋肉痛の痛みに顔をしかめながら
脚を引きずるように歩く周囲とは対照的に満面の笑顔だったらしく、、
ゲートのおっちゃんに「いいねーその笑顔、メリークリスマス!」みたいなことを
言われた(笑)


いい加減、お土産類をやっつけておかなきゃなので
「ホノルルクッキーカンパニー」でクッキーを大量に買い込み
(ここ数年の間に凄い勢いで支店が増えた・・)
「魔のお買い物危険地帯」カラカウア通りに新入。
やっと?リニューアルオープンしたロイヤルハワイアンSCやDFSを徘徊し
DFSの隣にあるネイルやコスメが激安のお店でお土産購入。


青空が見えているうちに一旦ホテルに戻り、筋肉痛が悪化してきたので
再びプール。
昨日と同じスタイルでプールに浸かりながら本を読んでいると
知人に見つかり「凄い、変な格好・・」とツッコミが入る。
いやいや、体のためですから。


最後の晩餐は、、ちょっと寂しいけど冷蔵庫の残り物を処理。
しっかし、キッチン付きは恐ろしく便利だわ。。


早めの夕食を済ませ、再びお買い物(まだ買うんかい・・)
DFSで「ラメール」が成田より全然安い!
会社の先輩にメールすると「買って来て」との購入依頼があったので
ついつい自分にもお買い上げ。
2008122013240000aaa.jpg



でも一応、色んな誘惑を断ち切って、これ1つで堪えた(笑)


やっぱり不景気なのかしら?
アラモアナもワイキキのショップも、普段あまりセールしないような所まで
ガンガン値段下げてて、DFSに至っては「円高の今がチャンス!」と
あちこちに購買意欲を煽るようなポップが目立つのに
日本人がわらわら買い漁る姿が、居るには居るけどあんまり見られない。
そういう私もそんなに買わなかったし、、無意識に財布の紐が締まるのか知らん??



夜は知人の部屋で飲み会をやるというのでお邪魔させて貰う事に。
「初めまして~」はかなり苦手だけど、、何があるか分かんないし
「スペシャルゲストが来るよ」と言われ、誰かと思って行ったら
今年のミス日本グランプリが居た。
まだ大学生だって、、若~い!


そんなこんなで時間が過ぎ、部屋に撤収してからは、毎度の如く深夜まで荷造り。
残念ながら今回は「夜の給水所」マイタイバーで次回への鋭気を養う事無く
(ここもクローズ中だから)最後の夜が更けて行きました。

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

【2008/12/15 23:45】 | Run◆旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)

ホノルルマラソン2008~マラソン当日:完走後~

ここから先はマラソンを完走してからのお話。


喜びに浸りつつ、完走Tシャツを受け取ってウキウキしながらホテルに戻る。
今年はツアーじゃないので旅行会社が独自で運営する送迎サービスや荷物預り、
そして食べ物や飲み物を貰える特設テントを利用出来ないので
唯一それが不便かなって思ったけど、無くても全然平気だった。
2008121409210000.jpg


既に太腿付近の筋肉痛が来ていたので、これはやばい、絶対にやばいと確信し
部屋に戻ってシャワーを浴び、水着に着替えてホテルのプールにゴー!
バックにはアイシングゼットと読書用の本、そしてビール(笑)
2008121411250000aaa.jpg


このホテルのプール、、水が汚い・・。
油みたいなのが浮いてて、うわ~って感じだったけど、
何故か私は水の力を信じているので、全身クールダウンしなきゃダメ!と、
更に寒いのをガマンしてプールに。
ジェット水流みたくなってるとこに太腿やらふくらはぎやらを当て
寒いので肩にバスタオルを掛け縁に腕を掛けて読書。。


頃合を見計らって上がり、お次はひたすら左膝や脛のあたりをアイシング。
この日本人、さっきから何やってんだろ・・?と思われていたに違いない


そうこうしているうちに、偶然同じホテルだった知人が登場し
レースの結果なんぞを話ながら夕食へ。


滞在していたホテルと同じ、アウトリガー系列ホテルにあるレストランで使える
クーポンが置いてあったので、それを利用して
「アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ」にある「フラグリル」へ
何気にここも1回行ってみたかったのよねん♪


サンセットを眺めながら(直後にスコールのため席移動w)
2008121417290000.jpg


スペシャルセットと勧められた肉と魚。
2008121417520000.jpg 2008121417520001aaa.jpg


クーポン見せたらシーザーサラダとデザートが付いてきたのでこれはかなりお得。
飲んで食べて1人5,000円くらい??
決して割安とは言えないけど、今回唯一の贅沢ディナーだから、まいっか。


・・・かなりやばい私の脚。
でもゾンビの如く脚を引きずって歩くのだけはみっともない!
と気丈に振舞って、
色んなホテルのイルミネーションなどを見学しながら部屋に戻る。
2008121420160000.jpg


流石にこの日はストレッチして早々に消灯。


どうか、筋肉痛が酷くなってませんように・・

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

【2008/12/14 23:45】 | Run◆旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

プロフィール

tamico

Author:tamico
見かけは絵に描いたOLながら、、
ほぼアルコールは欠かさない不健康生活。

ふとしたきっかけで
ホノルルマラソンをを目指し
以降ジョギングは
切っても切れない関係に。
マラソン自己ベスト
3時間36分56秒('07北海道)

ネイルが好きすぎてスクールに通い始め
2013年春、ネイリスト検定1級合格
スクール卒業後、サロン修行を開始するも
アレルギー疑惑?により中断。。

やりたいことは一通りやったので
現在は鋭意婚活にいそしむ毎日と
あちこち出かけた旅の記録など

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。