不健康OL、ネイリストへの道
飲んだくれてても日々精進、時々ランナーの徒然なるあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

2007北海道マラソン--アフター編--

今回の旅を振り返ると、キーワードは「行列」
何かにつけ、列に並んでた気が。。


8日(土)
去年の教訓を生かし、遅めのフライトで北の大地に降り立つ。
新千歳空港に到着後、在来線の駅とは逆の出発ロビーへ。


入手困難とされている北海道限定のお菓子「じゃがポックル」






これをお土産にと考えていたので、
比較的ゲットしやすいであろう空港に狙いを定めたのだが、、


何件探し回っても、無い・・・


諦めかけた矢先、前方に凄い行列。もしやこれは、、
案の定「じゃがポックル」を買い求める人の列。しかも「1人2箱限定」
行列が途切れた瞬間を見計らって4箱購入w
最近凄い人気らしく、手に入れられたのはホントにラッキーだったみたい。
これは幸先の良いスタート?


**********


気をよくして札幌市内へ。
ランチはスープカレー「ピカンティ」
ほとんど地元民て感じの待ち人数組。
あんまり待つの好きじゃないけど、、事前に調べて決めてたとこなので
変わったネーミングのメニューなど眺めながら暫し待つ。








サラサラスープなのにコクがあって美味しい。
スープカレー、もう1店くらい食べたかったな・・


マラソンのエントリーを済ませ、ホテルにチェックイン。
ホントは日々愛飲しているサッポロビールに敬意を表して
工場見学しに行くつもりだったけど、マラソン前日のため自粛。
代わりにここ、「パリ16区札幌店"石蔵"」


http://www.b-brain.net/pari16/top.htm
ここのチーズケーキ、「キング オブ チーズケーキ」
たまに物産展にも登場するよ。






散歩ついでに早めの夕食は、、
挨拶代わりの「ラーメン五丈原」










言わずと知れた有名店。
店内で数人待っていたけど回転が良い。
スープはこのくらいのこってり感が好き。


一度ホテルに戻り、ロビンソンで夜食の物色。
今夜は缶ビール1本で我慢。。






あぁぁ、いよいよ本番だよぅ。


**********


9日(日)
ヘロヘロになってゴールした直後から筋肉痛が始まる。


部屋に戻ってふてくされてビール飲んだ後、お腹すいたので行動開始。
何事も切り替えは大事。


味噌ラーメン専門店「狼スープ」でラーメン2杯目






唯一ガラガラだった店。
期待に胸膨らますも、、スープの脂がギトギトしてるし。。
フルマラソン走った後の胃腸には、かなり応えました。


そして「自分へのご褒美~☆」で向かった先は
「JRタワーホテル日航札幌」

http://www.jrhotels.co.jp/tower/spa/index.html
ここにあるスパとマッサージを予約。
マッサージプールみたいな大小2つのジャグジーに温泉、
乾と湿のサウナに加え、リラクゼーションエリアからは市内の夜景!
体のダメージがあまりにも大きすぎてマッサージは40分に短縮するも
何だかんだで4時間近く居座っちゃった(笑)
ここはかなりオススメ♪


夕食はジンギスカン「だるま」
ここの行列は想定内、気長に待ちましょ。






遂にやってしまった1人ジンギスカン・・
う~ん、自分が無敵に思えてきた・・・


ホテルに戻って1人反省会、赤ワイン開けちゃうもんね。


**********


10日(月)
目を覚ますと10時前。。
「しまったぁ~」とベットから飛び起きると
「か、体がぁぁぁぁっ。。」
全身打撲みたいな筋肉痛、歩くことすらままならない状態に・・
よろよろ起き出して朝食を済ませ、新聞(結果が出てる)に
目を通しているうちにあっという間にお昼。
予定じゃとっくに小樽に着いてる筈なのに~。
小樽でランチは無理と判断し、ススキノ「けやき」でラーメン3杯目
雨降ってるし平日なのに・・






今日は味噌バターコーンをチョイス。






予定から遅れること数時間で小樽イン。


小樽を一言で言うならば「ザ・観光地」
嫌いじゃないけど、いかにも観光客目的なものばっかり目立
つ感じ。


「美園」のソフトクリーム(一番の目的)




小樽運河
ガス灯が灯ればキレイなんだろうな~。





北一ホール
マイミク情報でカフェを覗いて見ると、、
おぉ、趣きがあって良いじゃないですか。
知らなかったら余裕でスルーしてました、情報アリガトウ。




「ルタオ」本店。
店先で試食のチョコレート配りまくっててちょっと引いた・・
これじゃ草津の「饅頭攻撃」と一緒じゃん・・・





主要スポットをさくっと見てとっとと撤収。
小樽駅のホーム、何気に雰囲気があっていい感じ♪




札幌に舞い戻り、夜は奮発してお寿司。
これまたグルメなマイミク情報ゆえ、
きっと美味しいに違いないと踏んだ店が大正解。


http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1000006/
ここで入れなかったら凹む・・と思いながらお店に入ると
ギリギリでカウンターに座れた。
何か凄い緊張・・・・・・
メニューも無い、値段もイマイチ分かんない、、
いざとなったらカード使えんの?
ナドナド、、平常心を装いつつ、内心はかなりの小心っぷり。
「どうします?」と声を掛けてきてくれた板前さんが
若くて優しそうだったので
「4千円くらいでお任せします、でもイクラは食べたいです!」と
最もらしいことを言ってみた。
この価格設定が妥当だったのか舐めてたのかは未だに不明。


でもここ、ほとんど醤油付けなかったくらい美味しかった。
このお店で値段を気にせず「次あれ食べたい、これ食べたい」って
やってみたい~~~!


ロビンソンで懲りずに物色し、ぶらぶらしながらホテルに戻る。
もーね、とにかく階段の上り下りが地獄なの、地下鉄乗るために
階段使わなきゃいけないなら
平坦な道ひたすら歩く方がよっぽどマシ!っていう、
理屈になってるような何だかよく分からない理由で結局歩き回る。


感傷に浸りながら、最後の夜も「赤い水」
何処に行ってもやること同じ。
中々ステキなお部屋でした♪
来年もまた泊まりたいな~。(ってまた走るのか??)





**********


11日(火)
チェックアウトして一路旭川へ。
とりあえず、旭川行ったら「旭川ラーメン」食べときましょっ!て事で
ネットで検索したお店「天金」でラーメン4杯目、
最後は醤油で締め括りデス

http://r.gnavi.co.jp/h051700/
昼時だから並んでるのは仕方ないにしてもさぁ、、
よくよく観察していると、回転命の時間帯に包丁持って仕込みしてるし
店に居た客全員がラーメン待ちなんていう、信じられない事態が。。
結局1時間近く待たされてバスの時間ギリギリ。
味はまぁまぁだったけど要領が悪すぎてマイナス30点。






バスに駆け込んで向かったのは旭山動物園。




「行動展示」というユニークな手法で全国の注目を集め
今や夏の来園者は日本一とも言われる日本最北の動物園。


動物ふれあい戯れ系には一切全く興味が無いけど
さすがにここは押さえとかなきゃ!のミーハー根性丸出しで
遠路はるばる足を運んでみた。
平日の午後にも関らず園内は大盛況。


動物の自然な生態が間近で見られるのには、思った以上に感動!

頭上を泳ぐペンギン




かわいい!!




お馴染みのアザラシ







トラもド迫力




肉球がリアルなオラウータン




大人気の白くま







興味がある人も、無い人も、ここはオススメです(笑)


いやはや、ここまで歩行困難な状況に陥ることは予想外ながら、、
何だかんだで満喫しちゃった北海道。


北海道マラソンを超マジモードの「本気レース」としてではなく
「余裕を持って楽しめるレース」として参加できるようになれたら
アフターも含め、かなり楽しめちゃう気がした(笑)


・・・もう二度と走らない!って思ったけど
来年どうしようかな。。。
スポンサーサイト
【2007/09/29 00:30】 | Run◆旅行記 | トラックバック(1) | コメント(0)

2007北海道マラソン

まずはレースの振り返りから、プレイバック9月9日。


**********


ホテルを出た瞬間に降り出した雨も
スタート地点最寄の真駒内駅に着いた頃にはすっかり上がり
雲の切れ間から太陽の日差しが・・・何か嫌な予感。。



競技場に到着、更衣室を探し臨戦態勢へ。
懸念していたトイレ等の混雑も無く、極めてストレスの少ないレース前。


血迷った陸連登録でのエントリーが幸いし
招待選手やシリアスランナーに混ざっての競技場内スタート。
最終点呼(こーゆーのがある時点で既に緊張)のゲートを抜け、
競技場内で軽くアップとストレッチ。(何か本気ランナーっぽいね・・・w)
スタートを迎える頃には太陽がギラギラ照りつけ気温29℃。


**********


12時10分、スタートの号砲。
凄い勢いで駆け抜けて行く周囲に多少ビビりながら、負けじとスタート。
今回は無謀だけどクリアしたい目標タイムがあったので
ギリギリの賭けで行けるところまで行こうと思う作戦。


すぐにスタート地点を分けた一般競技者と合流、大した混雑は無し。
時計を見る、4分30秒。
「よよよ、よんぷんさんじゅうびょう!?」
いくら何でも速すぎ。。



5km地点:
早すぎた分は後への貯金と考え、自分のペースを刻もうとする。
強烈に覚えているこの時の印象は
「マラソンなんて大っ嫌い、もう2度と走らない」
精神的に凄い苦痛を感じた。
戦場と化すであろうと予想されていた最初の給水地点は問題無く通過。



10km地点:
焦りと不安から中々スピードを緩められない。
少しづつ、また少しづつ貯金が増えて行く。
過去のレース展開とは明らかにおかしい、何かが違う・・
騙し騙し自分を奮い起たせる。
「ガンバレ!あたし。。」



15km地点:
徐々に失速が始まる。今のペースが正常なんだと思いながらも
今まで飛ばしすぎたツケがきっちり回ってきた。
気付いた頃にはもう時既に遅し。。
足に来る。きつい、、早くも棄権という2文字が頭を過ぎる。



20km地点:
ずるずるとペースが落ちてくる。まだ半分も走って無いのに・・
もはやこれまでか、、
自分①「もう頑張れない、楽になりたいよぉ。。」
自分②「何言っちゃってんの?今までやってきた走り込みは何だったの?」
自分③「まだ終わってない、せめて行ける所までは行こうよ」
3人の自分と格闘。


**********


ハーフ地点:
示す電光掲示板、目標タイムの貯金を完全に使い果たしたと知った時点で
必死で守ってきた緊張の糸はプッツリと切れ、自分のレースは終了した。
ここから挽回出来る力など、もうどこにも残っていない。


直後の給水ポイントで耐え切れず歩き出し、
「収容バスネタを日記に上げたらどうかしら?」などと、
不謹慎な事を考え出す。


しかし、コースは第2折り返し地点に向かう途中。
バスがお迎えに来るにはちょっと時間があったし
バスを待ちつつゴールからどんどん離れて行くっていうのも癪で
せめて折り返して来ようとジョギング開始。



25km地点:
何かもう、全てがどうでも良くなっちゃったので
沿道で応援してくれるチビッコ達とハイタッチしてみたり、
給水の度に「よっこらせ」と立ち止まってストレッチしたり、やりたい放題。
沿道の人から飴ちゃんもらった(笑)



30km地点:
時計を見てみると、割とまともなペースを刻んでたんですねこれが。
重いけど足はまだ動く。
「うーん、どうする??」と暫し悩んだ結果、40分切りに軌道修正。
どれくらいのペースなら行けるのか、回らない頭もフル回転させる。



35km地点:
反対車線で「最終観察車」&「収容バス」の光景を目の当たりに。
瀕死の状態で最後尾を走るランナーに
「ゼッケン○○番、規定の時間となりましたので歩道に上がりなさい」と
無情にも拡声器の声が浴びせられる・・・
後方からは収容バス、無念の表情で車窓から
関門突破したランナーを見守るランナー。
何か切ないなぁ、、と思うと同時に
「やっぱりあれには乗りたくない、ゴールまで行く!」と
気持ちだけギアチェンジ。
体はもう、今のペースで走り続ける事が精一杯。



40km地点:
ホノルル同様、とてつもなく長く感じた35km地点からの5km。
走っても走っても時間は進まないし距離表示が見えて来ない。
「ホントに1kmかよっ!」ってキレたくなるくらい1kmが長い。
体力も気力も限界近し、、でももう歩かない、そう決めたもん。



GOAL:
40kmを過ぎると、コースは市内中心部の大通りを抜け
ゴールの中島公園へ。


大通りに差し掛かる直前、


「中村さ~ん、頑張ってー」


という野太い声援が・・・。


ぎょっとして振り返ると、声援を送ってくれたであろうオッサンは
どう思い出しても知らない人。


「え?あたし?!」と何度も何度も振り返っても
やっぱり見覚えの無い人。。


ポカーンとしながらそのまま過ぎ去ってしまったが、
あぁそうか、当日沿道で配られる号外に
エントリーリストが記載されてることを思い出す。


わざわざ済みませんねぇ、、手のひとつでも振れば良かった。


大通りに入ると沿道の声援も更に増え、ゼッケンを呼んでくれたり
「女の子、ガンバレー!」(女子の参加者はそもそも少ない)という
応援に後押しされて一歩一歩ゴールの中島公園へ足を進める。



ゴールをもはや手中に収めた公園に入った瞬間、
ちょっと感慨深くなって目に涙。。



そして何事も無かったかのようにゴール。



ボーイスカウトの男の子が「おめでとう」と完走メダルを掛けてくれた。
泣いてるんだか笑ってるんだかよく分からない表情でそれを受け取り
その時の感情もやはり、嬉しかったのか悲しかったのかよく分からない。



ただ、最後まで走って良かった。
そしてホノルルでの自己ベストを15分近く更新出来たことは、
素直に喜びたいと思う。









*******2007北海道マラソン*******


参加者:4557人(内、完走者2761人)
完走率:60.6%
タイム:3時間36分56秒
女子総合順位:131位(完走者350人くらい)


*****応援ありがとうございました。*****




「・・・アンタ、本当にマラソン走りに行ってたの?」
って勢いのアフター編に続く。
【2007/09/14 01:35】 | Run◆大会・レース | トラックバック(0) | コメント(0)

夏休み②

走り込みに明け暮れたお盆明けの週末、ジム仲間の皆様と
1泊2日の那須旅行に行って参りました。


勿論、ランニングシューズは持参せず・・・


土曜の朝、東京駅に集合し、車に乗り込み一路東北道へ。


途中SAで休憩。



今回、マイカメラは出動させなかったので画像少なめですが
お昼過ぎに「南ヶ丘牧場」に到着。
名物「ペロシキ」「ソフトクリーム」など楽しみつつ、他の皆様は
動物たちとも触れ合うこと暫し。




宿泊先に移動。
ひとしきり部屋を見た後、買出しにゴー。
「お肉」「サプライズのお誕生日ケーキ」「地元産のワイン」担当の車に乗り込み
サクサクお買い物。


帰ったら既に宴の準備はほぼ完了。。
「かんぱ~い!」の合図と共にBBQ開始!


100g¥1,500を越える肉たち、やばかったっす・・・


コテージに戻り、仕切り直しの乾杯の後、バースデーケーキ3台も登場し
更に宴は続く。
せっかく買いに行った地元のワイン、、
試飲させて貰った赤ワインは30点、買ってきた白ワインは60点くらい。
白の価値はよく分からないので何とも言えませんが・・・
毒舌トーク?&コリオネタも佳境になったあたりでフェードアウト。
2段ベッドの空いている寝床を確保し眠りにつく。


翌朝、起きたら既に全員起床。
朝食の準備もロクに手伝えないまま朝ごはん。


慌しく片付け&チェックアウトを済まして出発!


向かった先は「那須高原ブルーベリー園」
途中、道に迷ってジャングル獣道ツアーなどハプニングありーの、
ブルーベリーってこんな風に実が付いてるのねー。


しかし、やっぱりそんなに数食べられるもんじゃありません。。
昨日の雨が嘘みたいな晴天だし・・・




地元の直売所に立ち寄り、旬の野菜やら果物やらを買い込んだ後は
千本木牧場。
ここでも皆さん動物たちと暫し戯れ。
(あたしは嫌いというかニガテなのと動物アレルギーなので極力近寄らず)


ガソリンスタンドで聞いたオススメのお蕎麦屋さんでランチし
(名前分からなかったけど、ここは中々美味でした。)
立寄り温泉の「和楽遊苑」へ。


露天風呂は混浴!なので渋々水着を持参。
”しわけしの湯”として有名らしい。顔ごと漬かってみました。
そして足の痛みなどにも効くそうなのでエアラーには最適ですな。


飛び交う虻(あぶ)みたいな虫に数箇所刺された・・・


ひなびた温泉宿の情緒満載で、学生時代の合宿みたいな感じながら
まぁ、悪くない。


電車で帰宅組を駅まで送り届け、いざ東京へ。
帰り道は幹事を務めてくれた運転手との本音トークなどを繰り広げ
大した渋滞もないまま東京駅着。


唯一夏休みらしかった現実逃避旅行。


おつかれさま。


そしてありがとう。
【2007/09/02 01:11】 | 日々のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0)

夏休み①

今年の夏は、どうも不完全燃焼というか
何やってたんだかよく分かんない夏。。


*****4連休*****

8月月初、ルーチンで通っているレッスンが

3日(金)→新宿
4日(土)→渋谷
5日(日)→中野
6日(月)→五反田


と4日連続で休館日が重なるという珍事がありました。
「やだ、どーしましょ?」と悩んでいた矢先、思いっきり風邪引いて
滅多にかかったことの無い(てか初めてかも)偏頭痛に悩まされ
日曜にリハビリ程度のエアロとゲルマニウムのみ。
しつこい夏風邪は未だ完治せず・・


*****5連休*****

お盆期間は、土日挟んで5連休が会社の夏休み。
帰省しないのは今に始まった事ではありませんけれども、、


微妙に中途半端だし、どこ行っても混んでるし高いし・・


それより何より、、、


北海道マラソンを1ヶ月後に控え、最後の走りこみをしなきゃいけない時期に
風邪でダウンしてしまい、練習メニューをこなせず
夏休みを返上して走る羽目に・・・


メールでサポートを受けるスクールに入会して以降、
毎週「これやんなさい」的な練習メニューが届くようになったのだが


「雨なので視界や思わぬ怪我に気を付けて走りましょう」
「暑さは回数こなす事によって体は徐々に熱馴化していきます」
「暑さの中で走れるペースを考えましょう」


あのー、これ受けてる人たちって皆さんマゾですか??


根本的に雨降ってるからとか暑いからとかいう気象条件的なものは
「休む」理由にならない訳で、梅雨だろーが真夏だろーが
己で工夫してトレーニングせい!ってスタンスなんですね。
フツーに2時間3時間LSDだ、25km30km持続走だのメニューが
コンスタントに送られてくる。。


でも、やれって言われたことはやんないと気が済まないタイプなので
天気予報と予想気温にかじりつき、ヒイヒイいいながら走りました。
エアロの本数は激減しました。
挙句の果てには毎週日曜の早朝に2~3時間のランニング、
唯一夏休みらしきイベントだった那須旅行を楽しみたいがために
お盆のクソ暑い中、皇居6周(30km)持続走などという
自分でも気が狂ったんじゃないかと思う奇行までやってのけて
夏休みは終わりました。てか、軽く熱中症も入ってました。


もーぜったい夏のレースになんてエントリーしない・・


宿題終わらせてやっと遊びに行けた小学生の如く、
心身ともに開放された気分の那須旅行は暫しの休息。。


次回に続く。
【2007/09/01 23:27】 | Run◆練習日誌 | トラックバック(0) | コメント(0)

プロフィール

tamico

Author:tamico
見かけは絵に描いたOLながら、、
ほぼアルコールは欠かさない不健康生活。

ふとしたきっかけで
ホノルルマラソンをを目指し
以降ジョギングは
切っても切れない関係に。
マラソン自己ベスト
3時間36分56秒('07北海道)

ネイルが好きすぎてスクールに通い始め
2013年春、ネイリスト検定1級合格
スクール卒業後、サロン修行を開始するも
アレルギー疑惑?により中断。。

やりたいことは一通りやったので
現在は鋭意婚活にいそしむ毎日と
あちこち出かけた旅の記録など

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。