不健康OL、ネイリストへの道
飲んだくれてても日々精進、時々ランナーの徒然なるあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

最終日。

サロン修行最終日。


特に何かがある訳でもなく、
でももう消耗品の補充やサンプルチップを作る作業も無いため
淡々と時間だけが過ぎていく感じ。


最後に常連のお客様から1カラー全面塗りのオーダーが入り
いつものようにベースだけ塗って退散しようとしたら
「そのままカラー入って」と言われ焦る。
そして情けない仕上がりに凹む・・・


で、いつもと何ら変わらない感じでクローズ作業になりつつも
「これ、使う?」とサロンで使っていたものたちを
色々譲って頂きました。
最後の大物は別に記事にすることにして
ベースジェルにチップ、ファイルやフォームの消耗品から
アクティベーターに書籍類などなど。


お給料の受け取りと鍵を返すため、
翌週またサロンに行くことになっていたので
「じゃ、また~」くらいな感じで上がってしまったのですが
始発より大分早い時間だったのと、大荷物で雨だったせいもあり
最後に1度だけ、贅沢してタクシーで帰宅。


明けていく歌舞伎町の夜空を眺めながら、終わったんだなぁ・・
としみじみ。


今思えば、よくもまぁ、こんな無謀な事をやってのけたと思います。
フルタイムで働きながら歌舞伎町にある深夜営業のネイルサロンに
勤務してます、って言えば
そりゃ、親しい友達もビックリするし
オカマ連中も「水商売?」と訝しがるワケで。


唯一、両親だけが「あら、そう」と完全スルーに近いリアクションだったのが
ものすごく意外だったけど。
(中には過去、母親に泣いて止められた、、という子も居たらしい。)


たった半年でしたが、サロンワークのみならず、
アジア一の歓楽街と言われる歌舞伎町で生きる人たちの
金銭感覚、生活スタイル、お仕事事情や整形事情?に至るまで
普段の生活をしていたら絶対に知ることの無かった世界を
垣間見た気がしました。


もうここに戻って来ることは無いでしょうが、、
ここでの経験を糧に、更なる精進を致す所存でアリマス。
スポンサーサイト

テーマ:ネイル - ジャンル:ファッション・ブランド

【2013/06/30 23:45】 | ネイル♪サロンワーク | トラックバック(0) | コメント(0)

移籍。

カンボジアの旅行記の途中ですが、、


7月から別のサロンで修行させて貰う事が決まりました。


実は今のサロンが一旦お店を閉める事になり、、
閉店の時期を巡っては、当初の9月末からどんどん早まって
結局6月末ということに。


詳しい事情は書けないけど、オーナー姉妹のお父様がご病気になり
この話が出た5月くらいから頻繁に地元の四国に帰られていて、
あまりに状況が急展開しすぎて、閉店の話自体も無くなるんじゃ?
という事態になったほど。


で、修行の場を失うことになった私を気遣い、
新しい修行先まで紹介して頂いたのです。


場所は隣駅の大久保。
てか、何度かHPも覘いたこともあるサロンで
聞けば現サロンで働いていた方がオーナーで、スタッフもここの
出身?だという。


興味を示すと早速話を通してくれて顔合わせ。


何より有難いのが、深夜営業ではないサロンだということ。
あと、、現オーナーの計らい?で今は平日無給であることは
言わないでいてくれた。
時給は今より下がるけど、土曜もまともな時間帯で
平日も普通にカウントしてくれるなら全く問題ナシ!


ようやくこれで人間らしい生活に戻れるうぅぅ・・・(涙)


今のサロンとオーナー姉妹には本当に感謝しています。
こんな年齢になって、未経験だった私を受け入れて下さり
それどころじゃない状況にも関わらず、今後の身を案じてくれただけでなく
「迷惑をかけて申し訳ない」とまでおっしゃって下さって。。


状況が許せばお2人のもとで修行がしたい、と今でも思う一方、
ぶっちゃけ身体は限界でした。


一時期は慣れたかのように思えた土曜の深夜勤務も、知らず知らずのうちに
静かに、でも確実に身体にダメージを与えていたみたいです。
不眠、そして汗疱の悪化など、ここ最近の体調不良は
身体が悲鳴を上げたとしか思えない。。


どんなにきつくても最低1年は続けるつもりでいたので
まさかこんな形で終わりを告げられるとは全くの予想外だったけど
思いっきり安堵した自分がいたのも事実なワケで・・・


もの凄ーーーく複雑な心境のまま、面談の当日を迎えたのでありました。


(続く)

テーマ:ネイル - ジャンル:ファッション・ブランド

【2013/06/27 18:10】 | ネイル♪サロンワーク | トラックバック(0) | コメント(0)

汗疱。。再診

皮膚科にかかって3週間後の再診。


前回予約していたので、さほど待たされる事なく診察室に通される。


実は週末、伸びきった自分の爪を直したところ
数時間後にリペアした左手の甘皮周りが猛烈に痒くなり
翌日指先がパンパンに腫れあがる事態に・・


今回アセトンは使ってないので
考えられるのはもう、未硬化ジェルを拭き取った際に
皮膚に触れた消毒用エタノールか、そこに付着したジェルしかなくない?


時間がなくて片手しか仕上げられなかったため
残った右手、どーすんだよ・・と憂鬱になり2日ほど放置w


意を決して日曜の夕方に再度チャレンジ。
片手に手袋、ジェルやエタノールを極力皮膚に触れさせないように
細心の注意を払いつつ施術したところ
寝ている時も翌朝になっても痒みや腫れは無し、で一安心。


「その後、どうですかー?」と前回診てくださった女医さん。


かくかくしかじかジェルの一件を話すと
「お酒、飲めますか?」と唐突に訊かれる。


飲めるならアルコールでアレルギー反応は起こさないらしい。
そりゃそうだ。


「汗疱は原因不明、根本治療の方法は無し」
「季節的なもので、そのうち治るかも」


が、この先生のスタンスらしく、指先をじっくり診ることも
触れたりすることも一切ナシ。


指先を見せた際「まぁ、キレイねー」とネイルを褒められる
無駄なコミニュケーション取りつつも


「皮膚が荒れてる時は、刺激物に触れると更に悪化する」
「発疹が出来る大半の原因は体調の変化」


とのコメントには妙に納得。


先生あまり乗り気では無いようだったけど、
希望すればパッチテストもしてくれるっぽい。


ハンドクリームを2種類処方され、薬代も含め1000円也。


次回の予約は1か月後。


どうなっていることやら。。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/24 18:02】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(0)

チケット争奪戦。

オオカミたちのチケットが本気で取れない・・・


先行と名の付く抽選には尽く外れ、チケットサイトの
ID持ってる友人に協力を要請した分も全滅。。


全く取れる気はしなかったけど、一応、一般販売にチャレンジ。


一般発売の日にチケット取るとか、学生の時以来なんですけど・・・


そもそもどうすれば良いワケ?


店頭に並ぶの?電話かけんの??


てな具合(笑)


どうやら今時はネットで購入するらしく、
検索ワードで「チケット」の次に出てくる「つながらない」という候補は、
電話回線ではなくチケットのサイトにアクセス出来ないことらしい。


時代の流れを感じる。。


どうせ取れないんだろうけど、何もアクション起こさないのも・・と
一応頑張って起きて、パソコンの前にスタンバってみたワケです。


10時前から既に繋がらないし・・・


で、10時。


秒殺で予定枚数終了w


はぁぁぁ。


仕方ない、ヤフオクで落札するか・・と週明け早々に覗いてみると
わんさか出品されてるし(怒)


唯一良いのは席の見当がつくところやね、と座席表と睨めっこしながら
えぇぃ、うだうだ悩んでても仕方ない!と即決で落札してやりました。


武道館で立て続けにゴミみたいな席だったので
もう見られれば何でも良いわ・・と覚悟してた割には
良く分かんないけど2階の立ち見?みたいなところで、指定じゃないけど
定価の2,000円増しくらいと良心的で、
送料もかからず自身でコンビニ発券。
だから取引きを始めたその日にはチケットを手にすることが出来た。


これも時代ですな。。。


会費取ってもいいから
確実にチケット取れるファンサイト作って欲しい!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2013/06/19 23:45】 | 音楽・映画・観劇etc | トラックバック(0) | コメント(0)

汗疱。。対処法②

脱皮直後に汗疱が再発した折、試してみたもう1つの対処法。


対処というべきなのか分からないけど、、ランニングの再開。


これはもう、色々な経過を辿る中で本能的に感じたもので
思い返せば汗疱が悪化し始めたGW明けは
何だかんだで走らなくなってしまったのと同じタイミング。


「汗疱」というくらいだから、汗が何らかの影響を及ぼしているようで
汗と言えば・・昔っから代謝が悪くて汗掻けないタイプ。


運動していなかった10代の頃に比べたらかなり全然マシになったけど、
それでもよく汗が体内に籠って熱疲労起こすし
北海道マラソンで記録を狙っていた頃は「汗を掻く練習」と称して
ジムのサウナに通っていたほどw


そうなると次第に「代謝が落ちてるの?」と考えるようになり、
眠れなかったりだるかったりが続く5月以降の体調もひっくるめて
身体機能そのものが低下してるんじゃないかと。


自身の場合、こういうプチ不調を解消させる常套手段がランニング。


厳密に言えば有酸素運動なのかも知れないけど
とにかく体を動かして体の隅々に血液をめぐらせてあげると
大抵の事なら何とかなったので。


だから今回も走ってみようかなと思い、ゆっくり50分ほど走ってみた。


逆に汗を掻いたら水ぶくれが悪化する?という一抹の不安を抱きつつ
走り終わった直後は指先まで血が巡ってるなーと実感&痒みも無し。
初日はよーく見るとポツポツが若干増えているようにも感じたが
翌日には既に引いてて悪化もない。


調子に乗って翌日も走ってみた(笑)


するとどうだろう、劇的に回復することは無いものの
明らかに数週間前よりも悪化せずに回復も早い気がする。。
指先がボロボロになって脱皮したのも、今回は両手の人差し指と親指だけ。


たった2日走っただけだから何とも言えないけど、
これでまた再発するのかしないのか、
暫く走りながら様子を見てみようと思う。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/18 23:45】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(0)

汗疱。。対処法①

汗疱の対処方法の続き。


ネットで散々調べてみたけど、
どうやら汗疱には根本治療の方法が無いらしい(涙)


となればもう、いかにして発症を防ぐか、
発症した時の症状を軽くするかの対策しかないじゃん。。


て事で、自分がやって良かったことダメだったことなど。


ポツポツができて悪化の予感がしたら、極力手を使わない
水を触らない、刺激物に触れない、が基本。


痒くなったら氷か保冷剤で冷やすのが効果的だと思う。
病院でステロイドを処方されたけど、既に痒みは治まっていたので
どれだけ効くのかはイマイチ分からん。。


じくじくしてる時は塗り薬(ステロイド?)、治まってきたら
ワセリンに綿(100%でなくてもよい)手袋で過ごすのが最強と思われる。
水仕事の時はゴム手を重ねつつ、使い捨ての医療用手袋とかにも
手を出そうか迷ったけど、中側に付いてる粉で荒れるとか何とか聞いたので
結局使わないまま今に至る。。


綿の手袋はオススメです。
個人的には保湿が大事なのかなぁ?と。更にワセリンが一番いい気がする。
手袋生活、最初は不便だったけど、次第に守られてる安心感に変わり、、
今じゃ無いと落ち着かない(笑)通勤の電車でも手袋してたいくらい。


逆にダメなのは絆創膏。
初期の頃は「患部を守るために」と絆創膏をベタベタ貼り
サロンワークでは更にキネシオテープをテーピング代わりに巻いていたけど
返ってテープの粘着部分で腫れやかゆみが悪化した気がする。


ちなみにサロンワークでは、粘着力が弱く、テープなしでもくっつく
「フレックスラップ」なる物を使用中。
もともとはネイル用品で、ファイリングやサンディングの際の保護テープ。
ピンクとか黄色とか奇抜な色しかないのが微妙だけど
皮膚にべったり貼りつくテープ類よりはマシな気がする。


あとはサプリメント。
今まで摂取していたラインナップに加え、これもネイルのプロショップで見つけた
「ネイリストサプリ」を追加。
更にヨクイニンを追加しようか検討中。ってまだ増やすのか?!


ネイリストサプリは『爪の主成分であるケラチンの合成に必要な
栄養成分を配合したネイルケアサプリメント』という触れ書きなんだけど、
汗疱に効果があるとされているビオチンが配合されていたので。


マラソンの走り込みシーズン以外は、飲んだり飲まなかったりを
毎日ちゃんと摂取するようにしてみた。
輸入モノは安いけど粒が大きくて苦手なので、全てネイチャーメイドの
「マルチビタミン」「鉄」「カルシウム・マグネシウム・亜鉛」に
ハイチオールCのジェネリックみたいなやつ。
凄い種類だ・・・


サプリメントの効果は、はっきり言って謎。
まぁ気休め程度というか、飲まないより飲んだ方が良いかな~って程度。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/17 23:45】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(2)

汗疱。。原因を探る

淡い希望もあっけなく打ち砕いて再発した汗疱。


サロンワーク中断のリミットも過ぎ、やむを得ず修行再開。。
幸い、2日間のサロンワークでアセトンを扱う機会はなかったものの
やはり酷使する右手の親指と人差し指の悪化が顕著。


今回は激しい痒みを伴うような、爆発的な症状は出ないながらも
静かに、そして確実に進行していくような感じ。


状態が深刻化してから1か月、自分なりの対処方法をまとめてみた。


探ってみたのはまず原因。


何故ここまで酷くなってしまったのか?


今年はサロンワークを始めたタイミングでもあり、
当初はそこで扱うアセトンや消毒用アルコールなどの有機溶剤が
手荒れの犯人に違いない!と決めつけてかかっていた。


がしかし、皮膚科で汗疱と診断され、前にもチラリと触れたように
汗疱そのものは数年前から発症していて、今年は特に重症化したと考えると
なぜ?どうして??という疑問がわいてくる。


認めたくないけど身体的ストレス、なんだろうなぁ。。


「そんなことない!」と自分に言い聞かせてきたけど
週末の深夜就業は思った以上に負担が大きく、ついに体が悲鳴を上げて
不調があちこちに出てきたのかも知れない。


日曜1日あればリカバリー出来るさ、と甘くみていたけど
ぶっちゃけ深夜修行明けの日曜はほぼ寝て過ごし、
平日は不眠に悩まされるようになり、、自律神経もそりゃ乱れるわな。


それから慣れないサロンワーク。
かれこれ十何年も社外の人と接する事もなくのほほんと過ごしてきた
あらほーOLがいきなりの接客業、ってハードル高すぎですよ・・
更にぶっちゃけると客からの「新人イジメ」なるものも存在するし。。
ここはサロンの人たちが守ってくれるからまだ有難いけど。


でも諸事情あって、深夜のサロン修行も6月で終了の予定。
7月からはどうなるか分からないし、
また新しい修行先を探さなきゃいけないとなると
それはそれで気が重いけど(いっそのこと中断してしまおうか、とも思う)
汗疱が悪化した背景には、確実にこの不規則生活と環境の変化が
関係していると思われる今日この頃。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/16 23:45】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(0)

汗疱。。その後

先週、皮膚科で汗疱と診断された後の経過。

その夜にサロンワーク、次の修行まで10日ほど期間が空いたので
汗疱も一気に治すチャンスかも?と
アセトンやエタノールといった有機溶剤はもちろんのこと、
ファイルなどのネイル用品にも一切触れなかった。


病院に行った2~3日後には指先の皮がカチカチ固くなってきた。
汗疱って状態が変化してくスピードが速い。。


それにヒビが入って古い皮膚が剥け落ちていく。
でもやっぱり、指先使う作業はあかぎれ状態で痛いので
会社でもワセリン塗って綿の手袋着用、
家でも極力水は使わない、常に手袋付けての生活。


そんなこんなで皮膚科の診察から5日目、国外脱出する頃には
一通り皮が剥けて(指紋無いけど・・)
後は皮膚が丈夫になるのを待つばかり!な状態まで回復するも
カンボジア滞在3日目の午後、左手の甲に発疹。。


微妙に右の甲にも出ていて、もの凄く暗~い気分になったけど
何か汗疱とは違うような、、。


その後、甲に出来た発疹は、痒くなることも水ぶくれになることもなく
数日後に鎮静。恐らく日光アレルギーが出たと思われる。


同じタイミングで指先を注意深く観察していると・・・


所々に水ぶくれがあぁぁぁ。。


治ってないじゃん・・・(涙)

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/14 23:45】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(0)

カンボジア~初日~

ホテルで暫し休憩の後、本日のミッション?を遂行すべく
トゥクトゥクに乗って市内へゴー!
IMG_2112_1.jpg


トゥクトゥクって、、他国では尽く良い思い出はないんだけど
ここカンボジアは手軽で便利な乗り物として重宝。
IMG_2110_1.jpg


特にホテルの前で待機してた、黄緑色のやつは快適そのもの♪
大概どこに行くにも片道2ドル、相場よりちょい高めだったけど
もういい、1ドル値切るのに無駄な労力使いたくないし、
観光税と割り切る事にした。


今日の予定は滞在中のプランニング。
かろうじてアンコールワットとアンコールトムの1日観光だけは
日本で手配してきたものの、他は1人だと値段が倍に跳ね上がったり
スパは宿泊者向けの割引があったりするので。
そこまで調べ上げる時間も無かったし。


↑の1日観光を予約したのと同じ会社のオフィスを訪ねると
幸運にも日本人スタッフの方が居て
あれやこれやと色んな相談にも乗ってくださり
郊外の遺跡ツアーに最終日のスパ、アンコールワットの朝日鑑賞と
無事、全ての手配が完了!
相変わらず、詰め込みすぎた感は否めないけど、、。


気が付けばいい時間、急にお腹が空いてきたので
中心部をぶらぶら散策しつつ、手軽に食べられる何かを探してみたけど
コレといったものが見当たらず、それでも妥協はしたくなく
結果、「スープドラゴン」という行こうと思ってたお店の1つに入ってみた。


お目当ては鍋。



1人が無謀と分かってはいたんだけどね。。


スープ美味しい♪
コレ当たりかも~。


ビールも飲んで11ドル。


中心地のパブストリート、オールドマーケットを散策。


市場めぐり好き☆


ひとしきり見終えると、すっかり満足してホテルに戻る。
まだ明るいからプールに浸~かろうっと♪
と、スーツケースを開錠しようとしたところ・・・


あれ?


開かない??


またまた~、ちゃんと数字合わせてないでしょ~と
再度開錠を試みるも、、


やっぱり開かない・・・・

もしかして、変な番号に設定してロックした?
1つ数字がずれてるとか??
と、思いつく限りの数字の組み合わせを試してみても開く気配なし


どうしよう。。。と青ざめた後、
「適当に回してても時間のムダ」と判断し、ダイヤルロックの
000~999まで全ての数字で試してみることに。
これでダメなら番号違いではない事ははっきりするし。


祈るような気持ちでカチャカチャ試すこと小一時間、
手が痛いよー、リゾートホテルで何やってんだよ、、
と虚しさをも感じつつ、結局、999通りダイヤルしても開錠せず。。


マジかーーー!


本気でカギ壊さないと無理なのな…?


これってTSロックだよね?
ホテルでスペアキーとかあったりして??一応5つ星だし???
でもカンボジアだよ、ココ。。


などと自問自答しながら、でももう1人で出来ることはやり尽くした、
フロントに電話して人に来てもらうのも躊躇したので
ええぃ、とスーツケース担いでフロントに向かい
サービスデスクみたいなところにいた人に必至で状況を説明。


最初は何かの鍵を突っ込んで試みたが開かず
(TSロックのスペアだったのかは不明、でも違うと思う。。)
「開かないよ、鍵を壊すかい?」との問いかけに
必至の抵抗で「ノーノー」と言ってみる。


困った彼は、何か違う先の尖ったものはないかと辺りを見回し
目についたハサミの先端を鍵穴に突っ込んでぐいーっと回すと、、


カチッと片方のファスナーが外れた!


そして数秒後、もう片方も!!


「ありがとう、本当にありがとう!!」と感謝の意を述べ
スーツケース持って部屋に撤収。


外はすっかり日が落ちて、もはやプールどころの騒ぎではなかったけど
壊さずに開いたから何でもいいよー、とプールサイドで乾杯☆
fc2_2013-06-25_08-48-32-325.jpg



ここは18時~20時まで、ハッピーアワーでドリンクが半額になるらしい。
変な時間にガッツリ鍋を食べたので、あんまりお腹空いて無かったけど
旅先において、食事の回数を飛ばすというのは自分の中では有り得ないので
軽めに生春巻きをオーダー。何故かフード代も15%オフ。
fc2_2013-06-25_08-49-40-956.jpg


流石に眠くなってきたので、早々に撤収して明日に備える。


それにしても、本当に良かった。。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2013/06/09 23:45】 | 旅日記☆海外 | トラックバック(0) | コメント(0)

カンボジア~現地到着まで~

今回は初めての深夜便&トランジット。


今まで頑なに直行便(何かあった時に対処出来ないから)、
でも飛んでない場所だからやむを得ず。。


普通に会社行って帰宅して、22時過ぎに家を出るって何か変な感じ。
羽田は問題無いだろうと安心しきってたら
シェムリアップまで荷物は預かれるけど搭乗券は出せないとの事。
何でも乗り継ぎの保障時間が150分で、私のフライトは2時間弱。
だって空港で何時間も時間潰すのなんてムリ~


「荷物は最優先で手配するように致しますが」と言われ
そっか、遅延もさることながら、人間が移動出来ても
荷物が間に合わない事だってあるのねー、だから150分なのか・・
と、1つ勉強になりました。


で、あっという間に出国手続きを終えてドルに両替、
免税店をうろうろしながら時間をつぶしていざ脱出!


軽食飲み物のサービスの後、映画観ながらウトウトし
結構あっという間にバンコク着。


トランジットの案内を頼りに、何となく手荷物検査みたいな所に辿りつく。
搭乗券持ってなくても良いのかな?とドキドキしながら
Eチケットの控えを見せ、不安になって戻ったら「いいから行け」と。


訳もわからずセキュリティゲートを通過、案内の人に聞きながら
ようやくカウンター発見。


搭乗券に記載のゲートに行ったら不安なほど人がいない。。
搭乗時間から更に遅れた後、ようやく搭乗が始まり
機体を見てビックリ、大丈夫かなこれ?と思わずにはいられないプロペラ機。
座席も100席無いような、、。
IMG_2100_1.jpg IMG_2098_1.jpg


がしかし、1時間弱のフライトにも関わらず簡単な機内食も出て
予定時刻より早くシェムリアップ着。てか暑っ!
IMG_2102_1.jpg



機内で配られた入国書類
IMG_2099_1.jpg


空港はガラガラ、ビザも数人並んでたくらい。


入国カウンターの前でオタオタしてたら「さっさと来い」的な素振り。


指紋取られる事もなくあっさり通され、荷物も無事に到着。


凄いベタなネームボード持って待っててくれた運転手さんについて
ホテルへ。空港送迎あると凄い楽~。


ホスピタリティ溢れるチェックイン手続きの後、すぐ部屋に通される。
予約時にチェックしたリクエストは何一つ叶えられてなかったけど(笑)
IMG_2104_1.jpg


IMG_2105_1.jpg IMG_2107_1.jpg


一息ついたら早速行動開始!

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2013/06/08 23:45】 | 旅日記☆海外 | トラックバック(0) | コメント(0)

カンボジア大使館

今日は観光ビザをゲットすべく、お昼に会社を抜け出して
地下鉄乗って乃木坂へ。


結構辺鄙なとこにある。。



ガイドブックを見る限りでは「日本で取得していくのが望ましい」
との事で、大使館に行くかWebで申請するみたいなんだけど
どちらも必要日数ギリギリ。
更にEビザは自分で顔写真の画像とか添付しなきゃいけないみたいで
不備とかあって突き返されたら終わりなので
直接カンボジア大使館に行くことにした。


大使館で申請すると、その翌々日の午後には発行されるとの事。
HPから申請用紙をダウンロードしてあらかじめ記入、
写真もそこらへんのスタンドで撮ったらサイズ間違え、、
記入例をみると「写真のサイズは目安、本人と分かれば可」とか
何かすごい適当な感じ・・


「手数料上乗せしたら即日発行してくれたりして・・」
なーんて思いながら窓口で申請用紙とパスポートを出すと
何故かローマ字で記載した現住所に食いつかれる(笑)


「ココ良イ場所ネ、新宿ニモ近クテ凄く便利、イイネー」
「駅ハドコ?JR?チカテツ??」


などの質問攻撃を受けた後、


「今日発行シマスカ?」と不意に向こうから問いかけられる


「え?出来るんですか??」


と尋ねると


「手数料1000エンデ3500エンネ」


と・・・


脱力したけど時は金なり、明後日もう1度ここに来る手間と時間を考えたら
全然良いかも、と即日発行してもらう事に。
電車代380円を差し引いたら実質手数料は600円くらい、安いもんだ。


オフィスにはビザの申請に来た人が1人2人。
ものの3分くらいでビザが貼られたパスポートを返されて終了。


数年前に行った、ベトナムを彷彿とさせるような小金稼ぎ気質、
出発前にして体感するとは。。


着々と準備は進む♪

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2013/06/04 23:45】 | 旅日記☆海外 | トラックバック(0) | コメント(0)

カンボジア~準備編~

修行中の身、土曜に休みをくれとは中々言えず
土曜を外して何とか行けないものかと画策していた矢先、
8日はサロンが休みになるかも~という状況がお休み確定!
このチャンスを逃してたまるかっ!!とばかりに
現実逃避の旅に出ることにしました♪


とは言いつつ、「休みになるかも~」な時期に着々と下調べして
行き先も航空券もホテルもほとんど決めていたんだけど。


今回の旅先は、カンボジア。


どういういきさつでカンボジアに行き着いたのかは謎w
でも、インドよりもグアムよりもセブよりも
行ってみたい!と思った国。
そうだ、アンコールワット観に行こう!的な?


最初は激安ツアー探していたけど、やっぱり1人だと高くつくし
ガッツリ拘束されるのも苦痛だわ・・と結局自分で手配。


航空券はバンコク経由、バンコクまではJALの特典航空券を利用。
バンコクからシェムリアップまではバンコクエアーという航空会社が
就航していて、JALも通しだと、このバンコクエアーに乗り継ぐみたいだから
バンコクエアーのウェブサイトから直接購入。
1万円くらいで行けるのかと思いきや、、意外と高い。
まぁ直前だから仕方ないよね。


ホテルはエクスペディアで2回予約して2回キャンセル。
2度目に申し込んだホテルのウェブサイトプロモーションの方が
お得感あったので、エクスペディアをキャンセルして直接予約。
朝食と空港の送迎、それに30分のフットマッサージがついて
3泊で20,000円は安い!(ちなみに現地では五つ星ホテル、らしい)


幾つかのホテルと凄い迷ったけど、結果ここで正解だったと思う。
しかしエクスペディアって、直前まで刻一刻とホテルの値段が変わるのね。。


あとはビザと現地ツアーの手配。
そろそろ荷造りもしなくちゃだー。


バタバタ慌ただしいけど、この準備の時間が楽しいのは私だけ??

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2013/06/04 23:45】 | 旅日記☆海外 | トラックバック(0) | コメント(0)

汗疱。。

遂に観念して皮膚科に行って来ました。


連休明けくらいから徐々に荒れ出した手、
今まで市販の薬とワセリンで騙し騙しやってきたけど
未だかつてないくらいに悪化。


ジェル検の練習とサロンで荒れて、検定当日に更に荒れて、
その夜また別の指が痒くなり、、
まだ広がるかと思うとゾッとしたので。


悩んだ末、結局会社の近くの日大病院へ。
何年か前に足底疣贅でかなり微妙な診断を下され
紹介状無いとお金かかるしアゴ出ちゃうくらい待たされるから
別の皮膚科を探したけど、どこもピンと来ないし診察券増やすの嫌だし。。


午前の受付が終わるギリギリに行って、診察まで約1時間。
数年前から汗疱とおぼしき症状はあったこと、
ネイルサロンでアセトンやエタノールを頻繁に触るように
なったことなどなど。


一通り話終えてから先生が一言
「汗疱ですね、それが酷くなったのだと思います」


更に
「アレルギーではない」
とも。


患部については「なるべく刺激物に触れないようにするしかない」
との事で、ある意味予想通り。。


でも、アレルギーじゃないなら、汗疱の季節だけ気を付けてれば
大丈夫かも?と都合の良いように自己解釈してみたり。


処方されたのはやっぱり?ステロイドの塗り薬(アンテベート)と
飲み薬、それにハンドクリーム。


帰って汗疱を今一度調べてみたところ
「左右対称に症状が出る」って書いてあって、
自分の両手をよく見たらホントに左右対称になってて気持ち悪い・・


とにかく今はネイルはおろか日常生活にも支障をきたすレベル。
パソコンのキーボード叩くのも字書くのも痛いので
仕方なく会社でも手袋着用、何かみっともない。。


迂闊に会社辞めなくて良かったかも。。

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2013/06/03 23:45】 | 皮膚トラブル。。 | トラックバック(0) | コメント(0)

ジェル検上級試験

画像を撮る気にもならないくらい、大変残念な仕上がりでしたw


ま、今回はちゃんとスクエアオフ取ったけどね(当たり前)


スクールでの前日準備でモデルさん出血させ(しかも2本)
それより何より自分の手荒れが酷くなって大変な事になり
試験日当日が悪化のピーク。


絆創膏やらテープやら、ぐるぐる巻きにして挑んだけど
液体類がしみるの何の。


遂に一度もタイムトライアルせず、まぁ収まるだろうと思ってたら
足りない足りない、本気で危なかった・・


試験会場はとてもこじんまりとしていて、何とそこで
数少ないネイル仲間にバッタリ遭遇!しかも隣の隣の席!!
ヒソヒソ近況報告などしつつ、非常にストレスの少ない待ち時間♪


筆記も免除なので、すぐにモデルさんと合流し
地元の駅でお昼を食べさせ、おうちでオフとかジェルとか。


流れで↑の友達とモデルさんコンビも一緒だったので
ジェルをオフしてもらい非常に助かりました。


モデルさんを帰した後、新宿で待ち合わせして反省会。
今後の展望とか現状とか、思う存分ネイル話が出来て良かった♪


今回スクールの先生は1人も見かけず、
採点は3人でボコボコも触って確かめられたそう。


やっぱり画像撮っとくべきだった?と思いつつ、覚えてる限りで備忘録。


・アートは最低、話にならないレベル。次回はこれから着手すべし。
てか絶対!


・TOLは、まぁ前回よりは全てにおいてまともだったかな。


・フレンチは時間なさすぎてラインガタガタ、左右も高さ違うしで
これも残念賞。


・甘皮周り汚い、サイドが塗れてない病は要治療


・ジェルスカは思ったより長さは出たけど、何だかなぁ・・な
微妙な仕上がり。


・次回はモデルを変える


前回は、何と戦ってるのかよく分からない状態だったのに対して
今回は何をどうすべきか、正しい形のイメージがはっきりしていたので
確実に進歩してはいるんだけど、それは自分比。
合格レベルにはまだ達していないだろうなーという感じ。


でもとりあえずはこれで一段落かな。


自分の指、どうにかせねば。。

テーマ:ネイル - ジャンル:ファッション・ブランド

【2013/06/02 23:45】 | ネイル♪ジェル検上級に向けて | トラックバック(0) | コメント(0)

プロフィール

tamico

Author:tamico
見かけは絵に描いたOLながら、、
ほぼアルコールは欠かさない不健康生活。

ふとしたきっかけで
ホノルルマラソンをを目指し
以降ジョギングは
切っても切れない関係に。
マラソン自己ベスト
3時間36分56秒('07北海道)

ネイルが好きすぎてスクールに通い始め
2013年春、ネイリスト検定1級合格
スクール卒業後、サロン修行を開始するも
アレルギー疑惑?により中断。。

やりたいことは一通りやったので
現在は鋭意婚活にいそしむ毎日と
あちこち出かけた旅の記録など

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。