FC2ブログ
不健康OL、ネイリストへの道
飲んだくれてても日々精進、時々ランナーの徒然なるあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

BWJ2017

思いがけず初日の午後から参戦。

去年はBWJもエキスポも未参戦だったから、何だか凄く久しぶり。
で、久しぶり過ぎてネイルイベントの人の多さを忘れて思い出してウンザリする。。

入場直後はどこに行ってもレジ待ちの行列。
早々に帰りたくなるも、今日は絶対にLEDライトを購入する必要があったから
あちこち見て回るも、第一候補のプレストは店舗の20%オフ時と変わらないって言う、、。

結局、コンパクトさを重視して今持っている後継のライトを購入。
カラージェル12個購入でライト貰えたけど、今更プレスト増やしてもなぁ、、手持ちのカラーも控えて無かったし
何よりあの人混みと長蛇のに怯んで、列の短いrednailsで購入。13,800円也

後は、タカラベルモントのブースで特価のtinsポリッシュ450円を3個買ってCNDのボディクリームを貰い、アクセンツのノンワイプのミニボトル(1,101円)を試しに購入。
エリコネイルのポリッシュタイプが先行販売されてて気になったけど、1,800円台と割高な感じがしたので見送り。

サロン用のチェアも見たかったけど足が限界で撤収。
あっちに行ってもこっちに行っても中国人だらけで驚いた。
やっぱりこういうのはリスト作って気合い入れて行かないとダメだな。。
スポンサーサイト
【2017/05/15 16:30】 | ネイル♪ | トラックバック(0) | コメント(0)

【東北旅行2017】番外編~恐怖の県境越え~

今回の旅行、出来れば岩手県内のみで完結したかった。

何故ならば、隣接する秋田には過干渉の激しい義両親が住んでおり
一歩秋田県に足を踏み入れようものなら、例えどんなに距離が離れていても
寄って行け泊まって行け攻撃に遭うのでは・・と危機感を抱いていたからだ。

そしてその予感は見事に的中したが、
そこは実家のある海沿いを避け、
岩手との県境に近い山際を攻めて山形に抜けるルートを組んでいたので
流石に泊まって行けと強引に促されることは無かった。

が、秋田県入りした翌日、義実家から100キロ近く離れた道の駅に
「貰った山菜を渡したいから出てこい」と・・・

高速も通っていない山道を延々100㎞運転して山菜渡しに来るって・・・

そもそも夏には帰るのに、何でこういう行動を起そうとするのかが理解不能。
旦那は「遠く離れてるから理解してあげて欲しい」と擁護するけど
相変わらず頻繁に電話かけてきたり食べ物送りつけてきたり、
精神的な距離はガッチリ詰めてるでしょーよと声を大にして言いたい。

まぁ以前より過干渉のストレスは減ったし
今回も断ったらすんなり引き下がったから良かったけど。

夏の帰省に向け、改めて危機感を持って対応すべし、と目が覚めた一件でした。
【2017/05/11 23:45】 | 旅日記☆国内 | トラックバック(0) | コメント(0)

【東北旅行2017】田沢湖~角館

 最終日も6時起床
早起きは三文の得とはよく言うが、この日は正にそれで
眠い目をこすりながら再び屋外の岩盤浴場に行き、
帰って来る頃には雨がポツポツ、あっという間に本降りになって
恐らくもう、この日は厳しかったと思う。

画像の、こういう湯気が吹き出してる所で卵や芋を蒸かしたりするんだって!


朝食も至って質素。(悪い意味では無く)
ヨーグルトが凄く美味しかった!

食後にもうひとっ風呂浴びてチェックアウト。
前日の到着が遅く、新玉川まで車を移動させられたため
バスで向かわなければならず、ただでさえゴザだの何だのと
荷物がかさんだ玉川においては、これが面倒だった。 

外は本降りの雨。
待ち合わせを拒んだ義母の怨念としか考えられない・・と思いつつ
全く気分の上がらないまま田沢湖へ。
一応、たつこ像の写真も撮ったけどねw

 
そのまま角館に向かうと、雨は段々小降りになり、
お店の列に並びお昼ごはんを食べている間に止んでくれた。


親子丼と稲庭うどんのセット


角館散策後は、郡山のホテルをキャンセルし
スーパーや道の駅に立寄ってそのまま家路に着く。

びっくりするほど渋滞がなく、夕方高速に乗って
23時過ぎには家に着いた。

幾つか断念した場所や食べられなかったもの、
それから最終日の天気は残念だったけど、とても充実した4日間だった。
リベンジも兼ねてまた是非リピートしたい。
【2017/05/10 23:45】 | 旅日記☆国内 | トラックバック(0) | コメント(0)

【東北旅行2017】盛岡~八幡平~玉川温泉

3日目も朝からフル始動
朝食後、チェックアウト前に一旦ホテルを出て
わんこそばの「東屋」本店に並んで整理券待ち。

出発の3日ほど前に予約の確認をしたら時既に遅し…
予約が出来る2店舗は既にお昼の時間帯は満席、
あとは当日受付のみの本店に並んで待つしかないと。

で、電話口のお兄さんが懇切丁寧に教えてくれたので
それに従って9時30分にお店に着くと、既に行列が。。


10時から整理券が配布され、12番目。
先に人数と注文を伝え、開店時間の11時に戻って来るように言われる。

街をぶらぶらしながらホテルに戻り、
チェックアウトを済ませて11時10分過ぎにお店に戻ると
店の中まで凄い人。1階は待合スペースらしい。
てか、お腹まだ全然空いてないんだけど、、。

ほどなくして呼ばれ2階に上がると、あちこちで闘いの火蓋が
切って落とされている。

通路脇の席に通され、説明を受けた後、早速スタート。
1組につき1人のお給仕さんが着く。


若くてかわいらしいお給仕さんに励まされながらマイペースに箸を進めるが
私は早々にギブアップして49杯、分かっていれば後1杯頑張ったのにー。
とは言え女性の平均は30~40杯と言っていたから食べた方?
お腹が空いていないと言っていた旦那も109杯食して手形をゲット。
隣の若いカップルが2人して100杯超えてて、若いって素晴らしいと微笑ましかった。


お店を出ると相変わらずの行列。
事前に電話して聞いておいて良かった・・

その後、懲りずにコッペパンで有名な福田パンに向かうも大行列すぎてこちらは断念。

気を取り直して小岩井農場に向かうが、こちらも敷地内に入る数キロ手前から大渋滞。
アスピーテラインを経由して玉川温泉に向かうには、
17時までにゲートを通過しなくてはならなかったため、こちらも断念して八幡平へ向かう。
残念無念…

道の駅で食料などを調達し、いざアスピーテラインへ
雪の壁。冬はここまで積もってたって事だよね??


玉川の前に、後生掛温泉に立寄って日帰り入浴
「馬で来て足駄で帰る後生掛」と言われたほど温泉療養で有名らしい。
温泉そのものは硫黄がそれほどきつくなく、木箱に入るサウナみたいなやつや
個人的には得体の知れないものをまさぐる感覚がちょっと苦手だった泥風呂など
個性豊かな温泉が楽しめて良かった。
お目当ての石鹸を購入し、いざ玉川温泉へ。

旦那は何年か前に一度、日帰りで玉川に来たことがあり
あそこは他の温泉施設とは全然違う趣旨のものだと言っていたから
それなりの覚悟と事前リサーチはしておいたが、やはり百聞は一見にしかず、
「湯治」の風習が色濃く残る、独特な場所だった。




夕食の前に屋外と室内の岩盤浴エリアをそれぞれ少しずつ体験し、夕食に向かう。
食事はメインが肉か魚か選べ、後はバイキング。当たり前だが全体的にヘルシー志向。
アルコール類はかなり割高。

夕食後は大浴場へ行き、日本一酸性度の高いお湯を体験する。
お湯に入って皮膚がピリピリするのは、初めての経験だった。
飲料用の源泉はびっくりするほど美味しくない。
それでも何やかやで一通りの湯船に浸かって今日も早めに消灯、
明朝に備えたのでした。
【2017/05/09 23:45】 | 旅日記☆国内 | トラックバック(0) | コメント(0)

【東北旅行2017】遠野~宮古~盛岡

 【2日目】
チェックアウト後、眼鏡橋から遠野のカッパ淵へ。


カッパが住んでいるというカッパ淵
子どもの頃に愛読してた妖怪の本(笑)に載ってたのを覚えてて、
どうしても行ってみたかったから


早めのお昼に使用とチェックしていたジンギスカンのお店に行ったら
びっくりするくらいの大混雑で敢無く断念し宮古に向かう。

宮古もまた、震災の爪痕が未だ深く残っており、海沿いの建物や歩道橋には
津波の最高到達点が記されていて言葉を失う。
海に近い場所ではまだまだ更地が多く仮設住宅も頻繁に目にした。
6年という歳月が、ここでは半分くらいの時の流れのように感じた。

14時過ぎにようやくお昼。


食べログで好評価だったラーメン屋さん。麺もスープも独特だった。

浄土ヶ浜へ
駐車場からとにかく歩く。
観光船やサッパ船乗り場の先にも延々と歩道が続き、ようやく浄土ヶ浜の看板に。
景色は美しいが若干怖い。。

 
今日も時間押し気味で冷や冷やしながら龍泉洞へ。
子どもの頃、一度来た記憶はあるのだが勿論覚えている筈もなく・・
地元の竜ヶ岩洞なんかより全然規模が違う!
新龍泉洞なんてあったっけ?クローズ間際と言いつつくまなく散策


盛岡に抜ける小本街道が車線規制で大渋滞、
ホテルにチェックイン出来たのは20時30分だった。。


大急ぎで白龍へ行き念願のじゃじゃ麺、からの~盛楼閣で焼肉&冷麺。


盛楼閣は22時過ぎてたから待たずに入れたけど、ひっきりなしにお客が入ってくる。
美味しかったけど今度は空腹のときに来たい。。


ホテルに戻り、せめてものカロリー消費にとシャワーを浴びて就寝。

今回唯一のビジネスホテルでどうかなと心配していたけど、小奇麗で立地も良く
翌朝の朝食ブッフェも含め期待を裏切る快適さだった。
【2017/05/08 23:45】 | 旅日記☆国内 | トラックバック(0) | コメント(0)

【東北旅行2017】一関~花巻

今年のGWは揃って5連休、という事で東北ドライブ旅行を敢行。

主に岩手を巡り、嫌な予感がしたけど県境を越えて
秋田の玉川温泉~山形のかみのやま温泉を計画したが
諸事情によりかみのやま温泉をキャンセルして3泊4日の日程と相成りました。

 
【1日目】一関~花巻鉛温泉
渋滞予測もチェックして、6時には高速乗ったけど時既に遅し。
ノロノロ運転になった直後に寝落ちして10時過ぎに目覚めたらまだ福島。

が、ここで早くも東日本大震災の爪痕を目の当たりにする。
未だ帰宅困難地域にかかったエリアに入った途端、車窓から目にする景色に違和感を感じる。
そこに家はあるが生活感が全く感じられないのだ。

よく見ると窓ガラスが落ちていたり人の住む形跡がこれっぽっちも無かったり。
震災から6年経ってもまだ復興は進んでいないとのニュースを耳にするが
本当なんだと少し気が沈んだ。

結局、予定より2時間ほど遅れて一関インターに到着。
すかさず猊鼻渓(げいびけい)をキャンセルし厳美渓(げんびけい)に向かう。
どちらも似ていてややこしい。。


ここでのお目当ては郭公だんご。
籠に入っただんごが滑車で運ばれてくるというユニークなものだが
長蛇の列で諦めて、だんご屋に出向いて3種類のおだんごを頂く。
この辺りは餅が有名だそうで、だんごも柔らかくて美味しかった。


次に向かったのは毛越寺(もうつうじ)
浄土庭園で知られる世界遺産


芭蕉の句碑があると言うので探していたが1周しても見付けられずお寺の方に聞く
左のほぼ見えない方が芭蕉の文字って書いてあったような。。


「夏草や兵共が夢の跡」
何とも言えないアンニュイさ、結構好き。

ラストは中尊寺。
このエリアは見どころがコンパクトに集中しているので便利。

金色堂って、建物の中で保存されていることを実際に見る直前まで知らなかった…


昨今の流行りを受けてか、ここでも御朱印の受付と子宝祈願関連のものが目につく。
神社仏閣でも商売なのね。。

金色堂に感動し、本日の宿に向かう。
チェックイン時刻より遅れてしまったが、快く迎え入れて下さった。
(何よりここは電話での対応が凄く好印象だった)



湯治部もある温泉旅館、風呂トイレ共同で不安はあったけど
リフォームもされていてそれなり、(洗面所は男女分けて欲しかった…)
部屋食か飲み放題かで迷ったが、お食事処での食事が思いのほか充実。


ここは何と言っても立ったまま入る岩風呂「白猿の湯」が有名。
基本混浴、限られた時間のみ女性専用になる。

ギリギリの時間を狙って夫婦で入浴を試みる強者もいたけど、、。
出発直前にJRの駅のホームでポスターを見て、凄いタイムリーだなと思った記憶があるが
検索しても見つからなかった・・

21時過ぎに撃沈し、早朝に施設内の湯めぐり。
源泉は恐らく1つだが癖も無く、充分楽しめた。

GW期間中で2食飲み放題付きで16,000/人は安い。
一関市内のホテルと迷ったが、こっちを選んで正解だった。
【2017/05/07 23:45】 | 旅日記☆国内 | トラックバック(0) | コメント(0)

プロフィール

tamico

Author:tamico
見かけは絵に描いたOLながら、、
ほぼアルコールは欠かさない不健康生活。

ふとしたきっかけで
ホノルルマラソンをを目指し
以降ジョギングは
切っても切れない関係に。
マラソン自己ベスト
3時間36分56秒('07北海道)

ネイルが好きすぎてスクールに通い始め
2013年春、ネイリスト検定1級合格
スクール卒業後、サロン修行を開始するも
アレルギー疑惑?により中断。。

やりたいことは一通りやったので
現在は鋭意婚活にいそしむ毎日と
あちこち出かけた旅の記録など

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。